NPO法人ふぐ食応援大使の会は、ふぐ食を日本から世界に広めるとともにふぐ処理者の資格の取得を目的とした料理人の育成、生産者の資源保護の取組みや地産地消の支援に繋がる広報活動を行っている団体です。

ふぐ食文化を未来に繋ぐために ……

Widget Area

ふぐ食文化を保護し、発展させるには革新が必要です。食文化は時代の変化に合わせて、融合と洗練を繰り返して来ました。形を変えないことが守ることではなく、本質を変えずにより良いものを取り入れることが大切です。「不易流行」の精神とは守ることも変えることも、どちらも大切であると説きます。

京料理が伝統を受け継ぎながら、進化してきたのも「不易流行」の精神に基づくものです。和食が世界無形文化遺産に認定されたのは、京料理人たちの働きかけによるものでした。食を文化として昇華させたことは、京の食文化が進化した功績と言えるでしょう。

当会の名誉総裁(最高顧問)には、2013年に京都府指定無形文化財「京料理・懐石料理」の保持者に認定された瓢亭の髙橋英一氏を迎えました。料理人として無形文化財に登録されたのは国、都道府県を通じて初めてです。髙橋氏は日本を代表する料理人として、京の食文化の発展に貢献されました。

当会の亀井一洋理事長とは長年にわたり親交があり、設立の趣旨にご賛同いただき、名誉総裁に就任していただきました。髙橋名誉総裁から学び、ふぐ食文化を未来に繋げられるように「不易流行」の精神を受け継ぎたいと存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。